ネットカフェにいるネカフェ難民をプチ援に持ち込む方法

ネットカフェにいるネカフェ難民をプチ援に持ち込む方法

ネットカフェでプチ援をする

ネットカフェにいるネカフェ難民をプチ援に持ち込む方法
 ここでは出会い系サイトを使わずにプチ援をする方法として、ネットカフェを利用する方法について説明させていただきます。普通にネットカフェを利用している人に声を掛けて、プチ援に持ち込む事はほぼ不可能だと思います。プチ援をする女子はお金に困っている、お金を稼ぎたいと考えているという特徴を持っていますので、それにあてはまる人をネットカフェで探せば良いのです。ところで皆さんはネットカフェ難民という言葉を聞いたことがあるでしょうか?ネットカフェでプチ援相手として最適なのは、このネットカフェ難民です。それではネットカフェ難民をプチ援に持ち込む方法について、もう少し詳しく見ていきましょう

ネットカフェ難民とは

 まずはネットカフェ難民という言葉の説明からさせていただきます。ネットカフェ難民は寝泊まりする場所が無く、長期間に渡ってネットカフェを利用している人の事を指しています。ネットカフェの利用料金は単発のアルバイトを繰り返しているのが現状です。この為に遊びに使えるお金はほとんどない様な状態です。この様な状態であれば、少しでもお小遣いを稼ぎたいと考えるのは当然だと思います。この様な理由からネットカフェ難民はプチ援に持ち込みやすいと考えられています。

ネットカフェに通ってみる

 では、ネットカフェでプチ援に持ち込みやすいネットカフェ難民を探してみましょう。ネットカフェ難民を見分けるには、しばらく同じ時間帯にネットカフェに通うしかありません。そうすれば、同じ時間帯にネットカフェでよく顔を見かける人が分かってくるようになります。この様な人に狙いを定めていく事になります。

ネットカフェ難民をプチ援に誘う方法

 では、ネットカフェ難民を何人か見つけたら、実際にプチ援に誘わなければなりません。いきなりプチ援に誘うのは断られますので、絶対に止めておきましょう。最悪の場合は店員さんに通報されてしまうケースもあるかもしれません。まずは軽く挨拶する位に留めておきましょう。ネットカフェであれば、フリードリンクコーナー、漫画コーナーなど声を掛けやすい場所はいくつかあります。少しずつ話をする関係になっていきましょう。

ネットカフェ難民と関わる際の注意点

 最後にネットカフェ難民と関わる際の注意点について説明させていただきます。ネットカフェを長期間寝泊まりする場所として利用している人の中には家出少女もいます。その中には18歳未満の人もいるでしょう。18歳未満の人と関わる事だけは絶対に避けなければなりません。また、高校生は22時までしか働く事が出来ませんので、ネットカフェに現れる時間が早い女性にも注意が必要です。18歳未満と関わると、どの様な理由があっても、淫行罪という罪に問われる事になります。「相手が18歳未満では無いと言った」「18歳未満だとは知らなかった」などの理由は絶対に通りません。十分に気を付けておかなければなりません。

人気サイトランキング登録無料

女の子にフェラ抜きしてもらいたならココ!

トップへ戻る