テレクラで知り合った女子と交渉してプチ援に持ち込む方法

テレクラで知り合った女子と交渉してプチ援に持ち込む方法

テレクラでプチ援

テレクラで知り合った女子と交渉してプチ援に持ち込む方法
 ここではテレクラで女性と知り合ってプチ援に持ち込む方法について説明させていただきます。最近ではインターネットやスマホの普及に伴って、テレクラが下火になっている事は間違いありません。テレクラが男女の出会いの場として盛り上がっていたのは1980年代です。現代におけるテレクラは1980年頃の形とはずいぶんと様変わりしています。また、利用者は少なくなっていますが全く無くなったという訳ではありませんのでライバルが少なく狙い目とも考えられるでしょう。それではテレクラについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

テレクラとは

 この記事を読まれている方の中にも、テレクラという言葉自体を初めて聞いたという方もいるかもしれませんので、テレクラについて少し説明させていただきます。テレクラはテレフォンクラブの略語となっています。見知らぬ異性と電話を介して話をする事を斡旋してくれるお店です。男性がお店に行き、固定電話が置いてある個室で女性から電話が掛かってくるのを待つというシステムとなっています。話をして楽しい時間を過ごすだけでも良いですし、エッチな話で盛り上がってテレフォンセックスを楽しんでも良いですし、実際に会う約束を取り付ける事も可能となっています。

テレクラの種類

 次にテレクラの種類について見ていきましょう。テレクラが登場した1980年代頃は「店舗型テレクラ」しかありませんでした。男性が店舗に通うタイプのテレクラです。しかし、電話だけで繋がっているというシステムだったので高校生の利用などが問題となった事や風営法の改正で18歳未満の利用を禁じました。この規制を受けて、「無店舗型テレクラ」が登場します。現在残っているテレクラのほとんどはこの無店舗型テレクラとなっています。無店舗型テレクラは自宅で自分の良いタイミングで利用出来る事が一番のメリットとなっています。

テレクラを利用してみよう

 では、実際にテレクラを利用してみましょう。ここでは無店舗型の利用方法について見ていきましょう。無店舗型の場合は電話を掛けると利用している異性とランダムに繋がる事が出来ます。すぐに相手が見つかるというメリットはありますが、相手を自由に選ぶことが出来ないというデメリットはあります。他にも伝言ダイヤルという機能もあります。あらかじめ、タイプの異性の情報やどの様な出会いを探しているかなどを録音しておき、その伝言を聞いた異性からの連絡を待つという機能です。すぐに相手を見つけることは出来ませんが、タイプに近い異性を見つけられるというメリットはあります。

テレクラでプチ援女子を探してみよう

 テレクラは使い方によっては、すぐに相手を見つける事が出来るのでプチ援女子が多く利用している可能性はあります。但し、全員が全員プチ援や割り切りを希望している訳ではありません。単純に異性と話がしたくてテレクラを利用している人やテレフォンセックスをしたいと考えている人もいます。この女性にいくらアプローチをしてもプチ援に持ち込む事は出来ませんし、利用料金だけが掛かってしまいます。この様に考えるとランダムに繋がった相手をプチ援に持ち込むのは非常に難しいと考えられます。伝言ダイヤルを使ってじっくりと相手を探していく方が良いでしょう。

テレクラを利用する際の注意点

 先程も説明させていただいた通り、テレクラは風営法の改正により18歳未満の利用を禁じていますが、運営会社の管理が緩いと、厳格な年齢確認がなされていない場合や形式だけの場合もあるので注意が必要です。また、ビデオ通話なども出来ないので相手の容姿を確認するのは実際に会ってからという事になります。事前に相手が「芸能人の○○に似ている」と言っていても会ってみるまでは分かりません。ドキドキしながら待ち合わせ場所に行ってガッカリする場合もあれば、予想以上の美人が現れてビックリする事もあるでしょう。テレクラを利用する際はこの様なドキドキ感を味わえるのも楽しみの一つではないでしょうか。

人気サイトランキング登録無料

女の子にフェラ抜きしてもらいたならココ!

トップへ戻る